「おれたち、ともだち!」絵本<br> ともだちくるかな

個数:

「おれたち、ともだち!」絵本
ともだちくるかな

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年01月25日 11時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784032049206
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

朝からオオカミは庭先をはいたり、家を掃除したりです。だけど、夕方になっても誰もきません。誕生日に友だちが祝いにきてくれるはずですが?   3才から

内容説明

おれ、オオカミ。このあいだおれのともだちになったやつがいるんだ。そいつはすごくいいやつでさ。あしたはまちにまったおれのたんじょうび、だからきっとあいつがやってくるだろ、やくそくなんかしなくても。おれたち、ともだちだからな。でも、おれがまってるなんてあいつにはないしょだぜ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

143
キツネと友達になったばかりのオオカミが、自分の誕生日にキツネを招く約束をした。ソワソワしながら待っている姿が健気で可愛い。しかしいくら待ってもやって来ない。かなしい、さみしい気持ちってどういうときか、相手の立場、自分の立場の両方で考えてみる作りになっているのが、小さな子どもにもわかりやすいと思う。真相がわかってホッとした時の喜びと涙。素直に感情を表現するオオカミも、ピュアでやさしいキツネもすごく魅力的だ。2014/08/08

masa@レビューお休み中

111
【再読】これもまたすごいなぁ。オオカミに何が起きているのかの説明がないのに、なんとなく泣いたり、落ちこんだり、怒ったりする理由がわかるのです。オオカミは、朝からワクワクしながらキツネが遊びに来るのを待ってます。なぜかというと、今日がオオカミにとって特別な日だから…。でも、お昼になっても、夜になっても、ともだちであるキツネは来ません。悲しくって、苦しくって、のたうちまわります。でもでも、オオカミの苦痛はなくなりません。そこで、オオカミはあることをするのですが…。2014/08/14

masa@レビューお休み中

97
眠れなくて、落ち着かない1日を過ごしていたオオカミ。なんでかというと…オオカミの誕生日だから。たぶんアイツはやってくる。いや、きっとアイツはやってくる。いやいや、絶対アイツはやってくるんだ!悶々としているオオカミを見て、コイツ全然怖くないじゃん。かわいいヤツだよ!なんて思いながら読んでいました。それだけじゃなくて、自分もオオカミと同じように感じた時があったなぁ。あぁ、もしかしたら外見だけで判断して仲良くしなかった人がいたかもしれないなぁ。そんな子供時代の自分に心を馳せてしまうんですよね。2012/06/27

テルテル

73
自分の大切な記念日。誰もが期待する心を許せる友の訪問。連絡もなくその大切な日を忘れ去られているとしたら。いじめを考える絵本『おおきなあな』と共感できる。自分から来てくれと言えずに友が来てくれないことから心の混乱という『あな』に落ちてしまう。どうすれば『あな』は埋まるのか。不安で仕方がない。不安は怒りに変わる。そして、心まで捨てたいと願ってしまう。それはいずれ恐怖に変わる。大事なことは恐怖を作らないこと。心の『あな』を埋める為には、自分で決めつけず会って対話すること。一度結ばれた友情を破壊するのは誤解。2015/04/21

とよぽん

57
「ともだちや」シリーズ2冊目。今度はオオカミが中心。オオカミもキツネに負けないくらい孤独な寂しがり屋だ。オオカミの誕生日を祝うために、キツネが家にやってくるのを待ちわびる。喜怒哀楽の変化の激しさを表す絵が最高に面白い。2021/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/525789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。