なつはうみ

個数:

なつはうみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月17日 04時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784032048605
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

暑くて暑くてたまらない夏。ツキノワグマは、山の動物たちと海へ行きました。たっぷり涼んで、さあ帰ろうと山をふりかえると?   3才から

内容説明

あぁ~、あついあつい。からだじゅうこげそうだよ。あせかきすぎて、からからだ。やまにはクーラーないからね。やっぱりなつはうみにかぎるね。すずしいすずしいうみ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

15
20年も前の作品なのに、この夏の暑さを予見したような絵本です。 暑さにまいってしまった動物たちの目指すのは海。 赤色のページと青色のページの中で、動物たちの表情がなんとも、猛暑続きの毎日をほうふつとさせてくれました。 決して涼しさを感じる本ではないけれど、がまんがまんを言い聞かせるのにはよい絵本かもしれません。2019/09/19

遠い日

15
この作品の初版は1997年5月。とんでもなく暑い暑い夏が描かれるのだけれど、作者の内田麟太郎さんは、まさかここ何年もの異常な気温の夏が本当に来るとは予想もしていなかったに違いない。描かれた暑さは、昨今の、夏そのもの。なにもかもがどろどろと溶けそうに暑い夏。猛暑にやられた動物たちや山までが、喘ぐ夏。海の青さに読み手もクールダウン。2015/08/31

ゆう

14
猛暑~な絵本。ものすっごい暑いところから、さっと涼しげな海のシーンに切りかわるページがいいですね。2014/07/02

ヒラP@ehon.gohon

12
C事業所で読み聞かせしました。2023/07/31

あおい

12
夏の暑さに耐えられなくなった動物達が海を目指す。灼熱の赤から爽やかな海の青が涼しげ。夏は海にかぎるなあ。2013/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/362933
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。