雪窓

個数:
  • ポイントキャンペーン

雪窓

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年11月29日 15時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784030164109
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8793

内容説明

「三角のぷるぷるっとしたやつください。」雪のふる寒い寒い晩、屋台にきた厚いコートのお客はいいました。「三角のぷるぷる」って?山のふもとのおでの屋台『雪窓』には、ときたまふしぎなお客がくるそうです。今夜も提灯がともり、店がひらくとちょっとばかり風がわりなお客がやってきたようです。5歳から大人まで。

著者等紹介

安房直子[アワナオコ]
1943年東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。『さんしょっこ』第三回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』第十九回サンケイ児童出版文化賞推薦、『風と木の歌』第二十二回小学館文学賞、『遠い野ばらの村』第二十回野間児童文芸賞、『山の童話 風のローラースケート』第三回新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで―小夜の物語』赤い鳥文学賞特別賞、受賞作多数。1993年永眠

山本孝[ヤマモトタカシ]
1972年愛媛県に生まれる。大阪デザイナー専門学校デザインコース絵本科卒業。「あとさき塾」「メリーゴーランド絵本塾」で絵本を学ぶ。現在東京在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masa@レビューお休み中

128
わぁ、これは素敵すぎる!イラストがすごくかわいくて、おじさんも、たぬきも、少女も、みんな愛くるしい顔をしているんですよ。ほんのり不思議なお話もいいですね。『雪窓』とは、おでんの屋台の名前。その屋台を切り盛りしているおやじさんと、おでんが大好きになってしまったたぬきと、突然現れた謎の少女が織りなす、温かくて、ちょっぴり涙が出てしまう物語なのです。誰もいない、静かで真っ暗な夜に、おいしそうな匂いがしてきたら…。もしかしたら、雪窓のの屋台があるかもしれませんよ。2015/11/21

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

95
山の麓の村で、夜になると灯る提灯のあかり。親父さんが独りでやってるおでんの屋台。店の名前は『雪窓』。山には天狗や鬼や妖怪が棲み、時々奇妙なお客もやってくる。おでんの具の名前が覚えられない狸は『雪窓』のファンで、いつしか店を手伝うようになった。それは親父さんには嬉しい事だった。奥さんにも幼い娘にも先立たれ、独りぼっちだったから。雪がどっさり積もった晩、店じまいをしていると「ひと皿下さい」と女の声がした。赤いショールに身を包んだ顔をみて、親父さんははっとした……。幻想的でやさしい冬の絵本。2006年2月初版。2016/01/26

ふう

83
雪の夜は不思議です。雪が空から静けさをつれてきます。寒さと少しだけ温かさをつれてきます。歩いてきた道の記憶、遠い昔もつれてきます。もう戻らない幸せと寂しさをつれてきます。雪の夜は空に昇っていきたくなるけど、そばにやさしい友だちがいてくれると、心の中にポッと灯りがともり、ほんわかとした気持ちになります。2019/02/28

keroppi

66
図書館で見つけたのたが、これは借りて帰って読んだ。雪窓という名のおでん屋台。たぬきがやってきたり、自分の娘かと思われる雪女のような少女がやってきたり。山の景色の中に浮かび上がる屋台の灯り。おやじの悲しい過去。屋台でおでんで一杯やりたくなってくる。子供にこの世界わからないよね。2018/11/24

nyanco

63
こちらもゆめわかばさんが紹介していた本。『雪窓』という素敵なタイトルに心惹かれて入手したら、おでん屋さんのおじさん(チャルメラおじさんそっくり)とたぬきが主人公…。勝手にロマンチックな西洋風の雪景色が見える窓が舞台の…なんて思っていたので驚きましたw でも、「三角のぷるぷる」を食べにくるたぬきが実に可愛い。小さい時に死んでしまった娘・美代に似た娘さんが現れて…。彼女がおじさんに峠を越させた理由がイマイチはっきりしなかったのは私だけかしら…。 とても雰囲気がある安房さんのお話し、続けて読もうと思っています。2010/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/392483

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。