老いた親のきもちがわかる本―マンガで笑ってほっこり

個数:
  • ポイントキャンペーン

老いた親のきもちがわかる本―マンガで笑ってほっこり

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月24日 16時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784023331679
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C2077

内容説明

親のきもちに寄り添いながら、「温かく」見守りたい―。「ちょっと疲れちゃったかも…」というあなたも、ぜひ一読を。親もあなたもまた笑顔になれるアドバイスつき。

目次

第1章 家族は心配です(女優―頑として病院に行ってくれない;クスリ―薬を飲んでくれないので心配 ほか)
第2章 正直、困っています(あなたにこそ―外出をしたがらず、一日中ダラダラと…;携帯電話―どうして携帯電話を持ち歩いてくれないの? ほか)
第3章 戸惑うばかりです(ピンピンコロリ―「元気でポックリ死にたい」と言われても…;同窓会―仲間同士で病気自慢が止まらない ほか)
第4章 やっぱりわからん(シャンプー―親が自分のものを勝手に使う!;ジャージ―着なくなった子どもの服を着るのが不思議 ほか)
第5章 介護、どうする?(デイサービス―毎回デイサービスの車に乗せるのに一苦労;先生―介護関係者を「先生」と呼ぶのはナゼ? ほか)

著者等紹介

佐藤眞一[サトウシンイチ]
1956年、東京生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科臨床死生学・老年行動学研究分野教授、放送大学客員教授。博士(医学)。早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程を終え、東京都老人総合研究所研究員、ドイツ連邦共和国マックスプランク人口学研究所上級客員研究員、明治学院大学心理学部教授等を経て現職。前日本老年行動科学会会長。日本応用老年学会理事、日本老年社会科学会評議員、日本老年精神医学会編集参与、大阪府社会福祉事業団顧問等を務める

北川なつ[キタガワナツ]
マンガ家、絵本作家、イラストレーター。特別養護老人ホームやグループホームでの勤務経験があり、ケアマネジャーや介護福祉士、ホームヘルパー2級の資格を取得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

老いた親のあるあるマンガ×親の気持ちがわかる解説文を多数収録。「何度言っても病院に行かない」「自動車の運転をやめてくれない」「一緒に暮らしてくれない」……etc.そんな親に対する日々の悩みを抱えている人の心がスーッと晴れる一冊。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件