日々の野菜帖

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

日々の野菜帖

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月23日 05時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 144p/高さ 14X20cm
  • 商品コード 9784023331631
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C2077

内容説明

野菜をおいしくいただきたい雑誌『日々』の編集長である著者が余命1年のなかで綴ったレシピたち。日々、一食一食を大切にし、愛にあふれた料理。手をかけて料理する喜びがたっぷり詰まった「日々の野菜帖」。

著者等紹介

高橋良枝[タカハシヨシエ]
1942年横浜生まれ。『日々』編集長。大学卒業後、出版社に入社、雑誌の編集に携わる。30代半ばでフリーの編集者、ライターに。42歳で編集プロダクション「アトリエ・ヴィ」を設立、多くの雑誌や書籍の編集、PR誌を制作。60歳を過ぎて、料理や器、旅などをメインテーマにしたリトルマガジン『日々』を創刊。2017年4月24日永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

44
野菜をおいしくいただきたい雑誌『日々』の編集長である著者が余命1年のなかで、インスタグラムを始めて綴ったレシピたち。旬のもの、そして一食一食を大切にし、手をかけて料理する。本人のコラムも優しく心に響く。派手なレシピではないけれど、野菜たちが生きていると思えるようなレシピばかり。料理は季節を感じながら食べるとより一層得るものが多いだろう。2017年に没。ご冥福をお祈りいたします。2021/06/27

野のこ

37
心の奥からじんわり温かくなるごはん。季節を大切に日々を過ごす。日本に生まれて良かったなぁと思いました。「うすい豆の翡翠煮」美しさに見とれた。今年の冬は私もダイダイ湯してみたいです。高橋さんの日本語も素敵。「ほとばしるように春の息吹きが」とか。「部屋へ差し込む光のなかで…」でちょっと泣きそうに。。飛田さんの言うようにほんとうに素敵な本だと思います。読めて良かったです。ありがとうございました。 2017/10/03

たんぽぽ

18
背表紙の「余命1年」にびっくりして読み始めた。 高橋さんは昨年亡くなられていたんだ、憧れの方がまた一人逝かれてしまった。 余命を知ったあと、日々の生活を大切にして美しく過ごされる。スマホを入手してインスタを始められる。凛とした姿勢と、ほっこりと美味しそうな料理に脱帽。 奇をてらわず、まっとうに、抑えるべきところを抑えた料理は理想です。2018/01/12

aloha0307

14
図書館新刊コーナーでの邂逅に感謝 高橋さんの料理の術で生き生きと笑いかけてくるような野菜たち うすい豆(グリーンピースとは違うのだね)のおむすび、蕗味噌、七草粥etc...素朴なんだけどこの味わい深さは何だろう。「喜んでいただけるかしら?」 高橋さんのおもてなしの心がそのまま伝わってきます。亡き母の手料理を思い出してしまい、涙がこぼれそうになります...2017/08/26

チョビ

5
余命いくばくもない著者がインスタを始めた。そのときに写したおりおりたちのレシピ本。とっても優しいお味がしそうな本。残念ながら著者は亡くなられてたが、こういう風に本を出してもらえるって、幸せな人生だな、と思えた。2018/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12026482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。