カラダが変わる!油のルール

電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

カラダが変わる!油のルール

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784023330597
  • NDC分類 498.55
  • Cコード C2077

出版社内容情報

【芸術生活/家事】油による、がんやうつ、アレルギーなどの体への悪影響が最近の研究で明らかになってきました。毎日の料理に欠かせない油だからこそ、正しい知識を身につけたいもの。本書では「オメガ3脂肪酸」の脳と体に与えるメリットも徹底解析。どうしたら体に悪い「オメガ6」を減らし、体によい「オメガ3」を取り入れられるか、その具体的な方法を丁寧に解説。

内容説明

油を正しく摂ることこそが、健康を保つ秘訣です。悪い油に要注意!健康でいたいなら油を変えなさい!

目次

あなたの食生活、大丈夫?
1 入門編!まずは油と脂肪酸を知る(油と脂の違いって?;脂肪酸の種類って? ほか)
2 知っておきたい!悪い油の摂りすぎで起こる脳と体の不調(高血圧・心臓病;がん発生のリスク ほか)
3 もっと知りたい!油と脂肪酸の最新エビデンス(コンビニに頼る食生活はオメガ3系脂肪酸が不足する;魚を食べる習慣で脳内の脂肪酸バランスが整う ほか)
4 毎日食べて健康!油の正しい取り入れ方とレシピ(オメガ6系の油はなるべく避ける;ソテーや炒め物はオリーブオイルかバターを ほか)

著者等紹介

守口徹[モリグチトオル]
麻布大学生命・環境科学部教授。1982年横浜市立大学を卒業後、製薬会社の薬理部門に勤務。国立がんセンター研究所、東京大学薬学部に研究出向の後、同大学で博士号を取得し、1997年客員研究員として米国国立衛生研究所(NIH)で脂肪酸と脳機能に関して研究。えごま油・亜麻仁油・さばやさんまなどの青魚に含まれるオメガ3系脂肪酸の有用性を広めるべく日々研究・講演を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kato+yama

19
①摂り過ぎるとアレルギーの原因になることもあるオメガ6系脂肪酸(サラダ油・コーン油)の代わりに、オメガ9系脂肪酸(オリーブオイル・こめ油・菜種油)を使うと体内の脂肪酸のバランスが良くなる。ただし積極的に摂る必要はない。②オメガ3系脂肪酸(えごま油・魚)を1日1g以上摂ること。魚は週三回以上、魚を食べない日はえごま油を1日小さじ1杯、みそ汁・サラダ・野菜ジュースに混ぜて食べる。2016/05/24

ruka

0
ごま油はダメだったのね オリーブオイル買ってこよう2016/03/12

ruka

0
ごま油はダメだったのね オリーブオイル買ってこよう2016/03/12

詩音

0
いろんなところで似たような内容のものがでているので、いまいち新鮮味がない。まとめ?と考えればいいのかな?2016/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10214382

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。