朝日新書<br> 頼朝の武士団―鎌倉殿・御家人たちと本拠地「鎌倉」

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

朝日新書
頼朝の武士団―鎌倉殿・御家人たちと本拠地「鎌倉」

  • ウェブストアに163冊在庫がございます。(2022年01月24日 21時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 413p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022951472
  • NDC分類 210.42
  • Cコード C0220

出版社内容情報

草創期の脆弱な鎌倉幕府をまとめ上げていたのは、情に厚い親分肌の源頼朝の個性だった! 従来の頼朝像を一変させる刺激的な論考。さらに2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公・北条義時についても頼朝の後継者として詳しく言及している。

内容説明

日本史上・空前絶後の万馬券“平家打倒”に賭けた源頼朝。仁義なき流血抗争を生き抜いた北条義時。2人の真実が解き明かされる!源平合戦、幕府創設、承久の乱研究の決定版。

目次

プロローグ―物騒な主従漫才
1 流人の生活(伊豆配流;頼朝の家系;頼朝の幼・少年期;支援者たち;家臣;家庭;頼朝流人時代の武家社会)
2 ドキュメント・鎌倉入り
3 「オレたちの町」鎌倉
4 御家人たちの「溜まり場」鎌倉幕府(仲間意識を醸成した都市鎌倉;仲が良いけどケンンカする御家人たち)
5 御家人たちのハートを掴んだ頼朝
6 故郷としての都市鎌倉
エピローグ―鎌倉幕府の青春時代
付編 頼朝の後、後の頼朝

著者等紹介

細川重男[ホソカワシゲオ]
1962年東京都生まれ。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。博士(文学)。現在、國學院大學非常勤講師、中世内乱研究会総裁(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

六点

53
消滅した洋泉社版も所持している、細川重男先生の古文書超訳っぷりで名高い一冊。これが駄目なら、橋本治はどうなんだと、思わなくはない昭和の男。ただ、佐殿の親分っぷり、特に小代氏や熊谷直家の例を見るに、そこそこ大きな企業の社長が、ぬこ田のようなダメ社員の名前や、美点を知っていたら、感激するだろうと思う。まぁ、実際には末端社員とか書くような会社にしか在籍経験はないが。増補分の頼朝の死以降承久の乱までの、幕府内訌になると、急激に暗い話が続く。北条義時の様な巻き込まれ人間は、歴史上多く居たのだろう。兎に角、お勧めだ。2021/11/18

MUNEKAZ

17
もとの洋泉社版を知ったときはすでに絶版、アマゾンでン万円状態だったので、こうして再刊されて読めるのはうれしい限り。「吾妻鏡」のエピソードをやくざ風の超訳で読めるのがポイントなのだが、10年前のオリジナル版のときはいざしらず、今読むとちょっとオジサン臭いというか、上滑りしている感も少々。私が年食って保守化しただけなのかもしれないが、もっとお堅い歴史系の新書がヒットしている世では、正直微妙だなと(松本人志の『遺書』が引用されているあとがきに時代を感じる)。ただ都市・鎌倉という空間に着目しているのは流石。2021/12/27

nagoyan

17
優。洋泉社y新書で刊行されたものに「頼朝の後」と「後の頼朝」の二編を加え、本編にも改訂・増補を行ったもの。頼朝と、周辺の武士のキャラや人間関係を中心に考察されている。暗くて陰惨な頼朝(そして義時)像を見事に覆す。一「流人の生活」で頼朝の意外に幸せな伊豆時代、二「ドキュメント鎌倉入り」でバックレようとしたが追い詰められて蜂起、様々な思惑で頼朝に加勢する在地勢力、三『「俺たちの町」鎌倉』、鎌倉は頼朝の武士たちによって作られ、そして集住した歴史上初めての都市。四『御家人たちの「溜まり場」鎌倉幕府』頼朝邸でゲーム2021/11/20

ほうすう

14
洋泉社版からの増補改訂版。洋泉社の方は図書館で借りて読むことはできたが手元に買えていなかったので再販はありがたい限り。増補されたページも100ページ近くあり、頼朝死後から北条義時・政子の死去あたりまで鎌倉幕府内部の紛争が解説されていて読みごたえもあり大満足。砕けた文章で分かりやすく、それでいて大事なところは押さえている良書。頼朝の魅力が実に詰まっている。 それにしても大河ドラマでこれを描くのか…と思うと楽しみでもあり興味深くもあり、期待が高まりますね。2022/01/05

山家

11
頼朝と御家人達、更に「鎌倉」との関係がよく分かる本でした。ふざけすぎ、と言われる方もおられるようですが、登場人物のセリフ(?)を確かにこんな感じで描かれると、登場人物の関係等が感覚的によく分かります。それにしても、御家人達が、この本を読むとヤクザの親分の面々のようにしか思えなくなるという副産物が生じてしまいました。そして、頼朝の死後の御家人同士の相克等の果てに起こった承久の乱。この時の御家人達の最大の想いは、俺達の「鎌倉」を壊すのは帝と言えど絶対に赦せねえ、ということだったのではないか、と私は思いました2022/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18831652

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。