朝日新書<br> たのしい知識―ぼくらの天皇(憲法)・汝の隣人・コロナの時代

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり

朝日新書
たのしい知識―ぼくらの天皇(憲法)・汝の隣人・コロナの時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 09時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 299p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022950925
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

出版社内容情報

◯本書は『ぼくらの民主主義なんだぜ』(2015年)『丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2』(2016年)につづく、高橋源一郎さんの朝日新書での3冊目になります。天皇、憲法、韓国、戦争、そして、コロナをほんとうに「知る」ための本です。◯ずっと待っていたぼくらを自由にしてくれる世界でいちばん素敵な知の「教科書」◯内容紹介☆ぼくらの天皇(憲法)なんだぜ「天皇」ってなんだ?/「憲法」ってなんだ?/わからないから世界の「憲法」をまとめて読んでみた/9条の「秘密」/ぼくたちには新しい「憲法」が必要なんだ☆汝の隣人ぼくたちの知らない隣人たち/「韓国・朝鮮」への長い旅、の始まり/ふたつの国の「あいだ」で書かれたことば/「宗主国」の作家の哀しみ、「植民地」の人たちの苦しみ/微かな声、見たことのない風景☆コロナの時代を生きるには「コロナの時代」について考えるためには/ぼくらが「それ」をほんとうに知るためにはどうしたらいいんだろう/歴史を遡る/「地に足を着けたままで」考える/死の影の下で/終焉、忘却、記憶、ことば/「死の都」に一人で留まる

内容説明

明仁天皇のビデオメッセージと憲法9条の秘密、「韓国・朝鮮」への旅、宗主国と植民地の小説。ウイルスの歴史を遡り、たどりつく終焉、忘却、記憶、ことば―知りたいと思ったことについて、誰よりもよく知っている人たちのことば。「教科書」としてたくさん入れて考えてみた。政治・社会の出来事をほんとうに知る3つの旅。

目次

ぼくらの天皇(憲法)なんだぜ(ぼくたちには「知識」が必要なんだ;「天皇」ってなんだ?;天皇のことを知るために、まず「憲法」をじっくり読んでみよう ほか)
汝の隣人(その前に、「あいだ」について;ぼくたちの知らない、韓国・朝鮮;ふたつの国の「あいだ」で書かれた文学)
コロナの時代を生きるには(はじまり;「コロナの時代」について考えるためには;はじまり・2 ほか)

著者等紹介

高橋源一郎[タカハシゲンイチロウ]
1951年広島県生まれ。作家、明治学院大学名誉教授。2019年3月退官。横浜国立大学経済学部中退。81年『さようなら、ギャングたち』で群像新人長編小説賞優秀作となる。88年『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、2002年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、12年『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とくけんちょ

63
天皇・憲法、韓国・朝鮮、そしてコロナと。3つのテーマについて語る新しい?教科書?らしい。なかなか独特な切り口とロジック。理解して共感するには、ちと苦労します。語り言葉で進んでいくが、他書の引用が多く、題材に沿った授業を聞いているようでもある。面白く興味深く聴けるかは、自身の考え方による。2020/09/22

Y

17
金子文子の人生に興味を持った。日韓関係がいい状況とは言えない現代において浅川巧という人物を知ることが出来てよかった。加藤典洋さんの大学時代のブロック先生のエピソードは鮮明に記憶に残った。答えのない問題を考えるのは難しい。だからすぐにわかったつもりになって通過してしまいそうになるけど、答えのない問題をこねくり回してじっくり考えていく時間を作っていきたいと思った。筆者のような純粋に学びたいという気持ちさえあれば何歳になっても子供のような真剣な気持ちで何かと向き合い学ぶことができるんだろうなと思った。2020/11/07

Cinejazz

11
論壇時評を重ねてきた元大学教授の作家先生が、世の中の出来事から疑問に思った事柄をとりあげ、「自学」して蓄えた基礎知識をもとに筆者の解釈を語った三つの論説集です。1.天皇とは?憲法とは? 2.汝の隣人の韓国・朝鮮とは? 3.スペイン風邪・ペストの記憶から学ぶコロナの時代の生き方とは? 平易な入門書とは次元の違う格調高い論調に眩暈を覚える、文学の香りに包まれた自己啓発書でもあります。2020/11/11

宮崎太郎(たろう屋)

9
読み入ってしまいました。「それ」と「それ」に挟まれている「あいだ」を考え続けていく。この本で語られたテーマはどれも「簡単な話」にできるものではありません。でも、それは特別なテーマだとい事ではなく、「あなたは反対か推進か」と迫られるあらゆる物事についても同じだと感じました。読み終わるたびにまた積読の場所に戻って行くような一冊でした。2020/09/30

rors

7
天皇(憲法)、韓国・朝鮮、コロナについて、国内外の書物を引用して著者が考える方法を「こういう視点、視座もありますよ」と教えてくれる。これが正しいと教える教科書ではなくて、自分の頭で考えてみようよと言ってる教科書。 高橋源一郎さんが高校の先生だったらなぁ!!とんでもなく面白い授業だっただろうし、もしかしたら進路も変わっていたかも。2021/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16477898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。