朝日新書<br> ルポ 保健室―子どもの貧困・虐待・性のリアル

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

朝日新書
ルポ 保健室―子どもの貧困・虐待・性のリアル

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2017年04月26日 17時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736765
  • NDC分類 374.9

内容説明

貧困や虐待、いじめなどのさまざまな問題を抱えた子どもたちが最後の拠り所として集まってくる学校の保健室。そのドアの内側で、子どもたちが発する心の悲鳴を聴き取り、彼らの支えとなるべく奮闘する養護教諭たち。「駆け込み寺」「オアシス」と称されてきたその場所で、いま大きな変化が起きていることを誰も知らない…。現代の子どもたちが強いられた困難の本質を探るルポルタージュ。

目次

第1章 いまどきの保健室の光景(東京都内のA中学校の場合;大阪府内のB中学校の場合;東京都内のC中学校の場合)
第2章 虐待の家から出されたSOS
第3章 保健室登校から羽ばたく
第4章 性はグラデーションなんだ
第5章 変わりゆく子どもと保健室

著者紹介

秋山千佳[アキヤマチカ]
1980年生まれ、東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。記者として大津、広島の両総局を経て、大阪社会部、東京社会部で事件や教育などを担当。2013年に退社し、フリーのノンフィクションライターに。子どもや若者の生きづらさをメインテーマに取材・執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

現代の子どもたちが抱える問題の最先端が現れる「保健室」。そこで彼らを支えて奮闘する養護教諭の活動に密着したルポルタージュ!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件