朝日新書<br> シニア左翼とは何か―反安保法制・反原発運動で出現

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

朝日新書
シニア左翼とは何か―反安保法制・反原発運動で出現

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月28日 18時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736581
  • NDC分類 309.021

内容説明

2015年、国会前の反安保法制集会。目立っていたのは実は60・70歳代のシニアたちだった。ほかの社会運動でもシニアは活躍している。なぜ参加し、どう活動しているのか―。若い頃、学生運動でゲバ棒を振った経験者がいれば、孫の将来を不安視し、初めて集会に参加した専業主婦もいる。高齢大国ニッポンに、新たな「老人パワー」が生まれつつあるのか。気鋭のジャーナリストが、彼らの「人間ドラマ」を追った。

目次

第1章 社会運動のニューウェーブ
第2章 なぜ「SEALDs」に熱くなるのか
第3章 怒る学者、作家たち
第4章 世代別シニア左翼の傾向
第5章 新左翼党派は、いま
第6章 シニア左翼はどこへ行くのか

著者紹介

小林哲夫[コバヤシテツオ]
1960年、神奈川県生まれ。教育ジャーナリスト、フリー編集者。教育、社会問題を総合誌などに執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】反安保法制、反原発……。国会前のデモなどで、若者以上に目立っているのが60、70代のシニア世代だ。若い頃、世の中に反旗を翻したものの、その後は体制に順応したはずの彼らは、なぜ再び闘っているのか。同窓会? 再びの世直し? 新集団をめぐる「人間ドラマ」を追った。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件