朝日新書<br> エロスと「わいせつ」のあいだ―表現と規制の戦後攻防史

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

朝日新書
エロスと「わいせつ」のあいだ―表現と規制の戦後攻防史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年02月22日 00時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 268p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736512
  • NDC分類 704

内容説明

「文化」か「犯罪」か?性表現をめぐる問題点を具体例を挙げて明らかにする!日本初の本格的「春画展」が大成功。一方、春画掲載の週刊誌は警察から「指導」を受け、女性器をテーマにした作品で作者が逮捕・起訴された。「境界線」はどこにあるのか?かつては、どうだったのか?斯界の第一人者である法学者と、ジャーナリストが解明する。法で裁かれた文学作品の原文も掲載。

目次

第1章 性表現で、いま何が起きているのか(「春画」掲載で警視庁が週刊誌を「指導」;問われた性表現;アダルトビデオの問題―ビデ倫の有罪が確定;漫画表現も摘発対象に―松文館事件;祭事と猥雑性―「かなまら祭」・金山神社)
第2章 文書もかつては「猥褻」だった(刑法175条はどのように生まれてきたのか;文芸作品と猥褻罪;チャタレイ裁判とは何だったのか;悪徳の栄え裁判とは?;四畳半襖の下張裁判の波紋)
第3章 新しい時代の「猥褻」(児童ポルノと猥褻;サイバーポルノと刑法175条の改正;これからの「猥褻」)

著者紹介

園田寿[ソノダヒサシ]
1952年、熊本県生まれ。関西大学大学院法学研究科博士課程修了。関西大学教授を経て、甲南大学法科大学院教授。弁護士

臺宏士[ダイヒロシ]
1966年、埼玉県生まれ。早稲田大学卒業。毎日新聞記者を経て、フリーランス・ライター。ジャーナリズム論や表現規制問題、ネット関連の事件が主なテーマ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/社会】日本初の本格的な展覧会開催など「春画」がブーム。しかし春画掲載の週刊誌は警視庁から厳重な「指導」を受けた。エロスとワイセツの線引きはどこなのか? 「チャタレイ」から「ろくでなし子」まで、数多くの具体例で「いやらしさ」の本質に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件