朝日新書<br> 明仁天皇と平和主義

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
明仁天皇と平和主義

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月04日 22時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022736260
  • NDC分類 288.41

内容説明

「なぜ日本は特攻隊戦法をとらなければならないの」少年時に芽生えたと思われる「非権力」志向、疎開体験、リベラルな米国人女性教師と小泉信三の薫陶、そして「平和の同志」美智子さまとの出会い―。果てしない慰霊の旅と祈りをもって平和主義を体現する肖像を描く。

目次

何を思い、何を考えて成長していったのか
1 明仁天皇の自己形成―戦争という時代の下で(皇太子の誕生と幼年期;学習院初等科への入学)
2 象徴天皇の理念と平和主義(日本国憲法の下での薫陶;明仁天皇の公務と意志―普遍的な価値としての平和の創出;穏やかな表情)

著者紹介

斉藤利彦[サイトウトシヒコ]
1953年福島県生まれ。学習院大学文学部教育学科教授。博士(教育学)。東京大学法学部卒業、同大学院教育学研究科博士課程修了。学習院大学助教授などを経て94年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/日本文学評論随筆その他】天皇陛下の平和を希求する強い気持ちは、どこに源流を発しているか──膨大な文献と証言から、ご誕生からの歴史的、個人的事蹟を丹念に読み解き、「人間」としての天皇の自己形成の道程をたどる。果てしない慰霊の旅と祈りの原点とは。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件