朝日新書<br> 名前でよむ天皇の歴史

個数:

朝日新書
名前でよむ天皇の歴史

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 293p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735973
  • NDC分類 288.41
  • Cコード C0221

内容説明

天皇という称号は、いつ、なぜ誕生し、どのように変遷したのか?和風の名前(和風諡号)から中国風の名前(漢風諡号)へ。天皇ゆかりの地名や建物に由来する名前(追号)を経て、幕末にまた中国風の名前へと戻る変化は何を意味するか。知っているようで知らない、天皇の名前から読み解く、新しい日本の歴史。

目次

プロローグ 天皇はどのように呼ばれてきたか?
第1章 神代の天皇(十五代)
第2章 古墳時代の天皇(十七代)
第3章 飛鳥・奈良時代の天皇(十七代)
第4章 平安時代の天皇(三十二代)
第5章 鎌倉・室町時代の天皇(二十七代)
第6章 戦国・江戸時代の天皇(十八代)
エピローグ 天皇の名前から日本史が見える

著者紹介

遠山美都男[トオヤマミツオ]
1957年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程中退。博士(史学)。専攻は日本古代史。現在、学習院大学・立教大学・日本大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【歴史地理/日本歴史】意外に知られていないのが、天皇の名前の由来。名前には漢風諡号、和風諡号、追号があり、なぜその名前が選ばれたのかは時代によっても大きく異なる。神武から江戸最後の孝明まで、名前の由来を一気に探ることで、新たな日本史が見えてくる。