朝日新書<br> 出雲大社の謎

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
出雲大社の謎

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月07日 23時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735874
  • NDC分類 175.973

内容説明

「縁結び」信仰の由来は何か?天をつく高層神殿はいつ創建されたのか?「国譲り」神話の本当の舞台はどこなのか?老若男女、年間八〇〇万人の参拝客を集める出雲大社は、その起源にかかわる数々の疑問がまだ解明されていない。「記・紀」と「出雲国風土記」を読み解きながら古代ロマンに満ちた大社の謎に迫る!

目次

プロローグ 出雲大社は古代から「縁結び」の神社なのか?
第1章 天をつく高層神殿の不思議
第2章 スサノオ神話とオオクニヌシ神話の謎
第3章 出雲国造家と出雲の古社
第4章 神々に見る古代出雲の特殊性
第5章 出雲の巨大遺跡と古墳の謎

著者紹介

瀧音能之[タキオトヨシユキ]
1953年北海道生まれ。94年「古代出雲地域史の研究」で早稲田大学から博士(文学)。現在、駒澤大学文学部教授・入学センター所長。日本古代史、とくに『風土記』を基本史料として地域史の研究を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件