朝日新書<br> 日銀、「出口」なし!―異次元緩和の次に来る危機

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
日銀、「出口」なし!―異次元緩和の次に来る危機

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月10日 21時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735683
  • NDC分類 338.3

内容説明

異次元緩和で「ルビコン」を渡った日銀。事実上の「国債直接引受」に市場は警戒感を強める。超緩和の先にある「破局」は避けられるのか。それでも「2%インフレ」は必要なのか。金融政策にフリーランチはない。時間稼ぎはどこまで通用するのか?国債暴落の危険性は?いまだかつてない量的質的緩和策の結末を、No.1日銀ウォッチャーが大胆に読み、警告する!

目次

序章 「ルビコン」を渡った日銀
第1章 1周遅れの危ういインフレ目標
第2章 異次元緩和策の効果
第3章 マネタリー・シャーマンになった中央銀行総裁
第4章 財政ドミナンスの脅威―ジンバブエの100兆ドル紙幣
第5章 アベノミクスのモデルになった高橋是清のリフレ政策
第6章 ホテルカリフォルニア化を避けられるか?
第7章 「成長の天井」を押し上げる

著者紹介

加藤出[カトウイズル]
東短リサーチ社長、チーフエコノミスト。1965年生まれ。横浜国立大学卒業。短期市場のブローカーとエコノミストを2001年まで兼務。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。日銀ウォッチャーの第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【社会科学/経済財政統計】「2年で2%の物価上昇」を目標に始まった黒田・日銀の異次元緩和。2015年春の「期限」が近づくにつれ、目標達成を疑問視する声が強まっている。最悪のシナリオは、国債暴落→長期金利の急騰。見えない出口にもがく日銀を、No.1ウオッチャーが鋭く分析する。