朝日新書<br> 缶詰に愛をこめて

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
缶詰に愛をこめて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 19時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735355
  • NDC分類 588.9

内容説明

小学生の時、「イワシの醤油煮」で缶詰に目覚め、中学生の時、「サンマの蒲焼き」でさらに缶詰にはまり、高校生の時、「サンタ印のカレー」で缶詰への愛を確信し、大学生の時、「サバの水煮」「クジラの須の子」缶で悟った―缶詰に心ときめかせ、鼻うごめかせ、涎をあふれさせてきた大いなる缶詰愛好家が、缶詰との出会いから、その愛し方まですべてを熱く語り尽くす。

目次

第1章 セピア色のわが缶詰遍歴
第2章 俺が愛した缶詰たち―魚介編
第3章 眩しき缶詰たち
第4章 俺が愛した缶詰たち―野獣編
第5章 俺が愛した缶詰たち―野菜・果物編
第6章 わが思い出の缶詰たち
第7章 俺が愛した缶詰たち―おやつ編

著者紹介

小泉武夫[コイズミタケオ]
1943年福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学農学部醸造学科卒。発酵学者。文筆家。東京農業大学名誉教授。現在、鹿児島大学、琉球大学、広島大学などで客員教授を務める。学術調査を兼ねて辺境を旅し、世界中の珍味、奇食に挑戦してきた「食の冒険家」でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/随筆】小学生の飯ごうすいさんで食べたイワシのしょうゆ煮缶に始まり、チョウシタ印サンマかば焼き缶、サンタ印のカレー缶、サバの水煮缶、クジラの須の子缶へと広がった缶詰遍歴。魚介編、野獣編、果物編、缶詰レシピ集と、缶詰への愛が丸ごと詰まった一冊です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件