朝日新書<br> 新・通貨戦争―次に来る危機の「正体」

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
新・通貨戦争―次に来る危機の「正体」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 20時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022735287
  • NDC分類 338.97

内容説明

隠れ基軸通貨、「円」が主役。「複合型通貨戦争」が始まっている!?地球経済を舞台にした金融緩和合戦、金利引き下げ競争が引き起こす結末とは何か。アベノミクスに湧く円、消えゆくドル、崩壊寸前のユーロ。主要通貨の「いま」と「これから」は?グローバル時代に起きる新型通貨戦争を軸に、人気エコノミストが「近未来」を大胆に予測する!

目次

序章 通貨のいま―グローバル時代の通貨的風景
第1章 アベノミクスの通貨的読み方
第2章 張り子の獅子のユーロ圏
第3章 消えゆくドルの行きつく先は?
第4章 古典的通貨戦争の世界
第5章 複合型通貨戦争の時代

著者紹介

浜矩子[ハマノリコ]
同志社大学大学院ビジネス研究科教授。1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所長、同研究所主席研究員などを経て2002年から現職。専門はマクロ経済分析、国際経済(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)