朝日新書<br> イランとアメリカ―歴史から読む「愛と憎しみ」の構図

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
イランとアメリカ―歴史から読む「愛と憎しみ」の構図

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月08日 05時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 298p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734945
  • NDC分類 319.263

内容説明

オバマの立場は「イランの核武装は許さない」。イランは核弾頭の搭載可能な長距離弾道ミサイルにかかわる技術開発も進めている。両国の交渉には過去のイラン・アメリカ関係が色濃く影を落としている。そしてイランを知るには、さらに歴史を古代にまで遡らなくてはならない。そこにこそ、イランの本音を探る鍵が隠されているからだ。

目次

第1章 イラン核開発疑惑とイスラエル
第2章 「アラブの春」後の風景
第3章 イランとアメリカをめぐる中東情勢の構図
第4章 ペルシアの栄光と苦難の歴史
第5章 国際政治のはざまで―悲劇の連鎖と血染めの白色革命
第6章 怒涛の一九七〇年代―イラン革命から米大使館人質事件まで
第7章 イラン・イラク戦争と国連安保理
第8章 冷戦終結後の中東―湾岸戦争、九・一一、イラク戦争
第9章 オバマ政権の中東政策

著者紹介

高橋和夫[タカハシカズオ]
福岡県北九州市小倉生まれ。放送大学教授。中東研究・国際政治専攻。大阪外国語大学ペルシア語科卒業、コロンビア大学国際関係論修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

核開発問題が緊迫するイラン。イスラエルとの戦争は起こるのか――。アメリカの中東政策、パレスチナ問題、シリアとの関係など最新ニュースの背景や中東を理解するためのカギを歴史に求め、政治、宗教、民族問題をコンパクトに解き明かす。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件