朝日新書<br> 歴史でたどる領土問題の真実―中韓露にどこまで言えるのか

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

朝日新書
歴史でたどる領土問題の真実―中韓露にどこまで言えるのか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022734099
  • NDC分類 329.23

内容説明

近代日本の領土は明治時代に拡大し、昭和期には膨張と収縮の二つの局面をかかえた。近年は海底資源や経済水域がからみ、関係国のナショナリズムが噴出する。日本はどう国益を守り、世界に発信すべきか?21世紀の視点から歴史を検証し、解決策を提議する。

目次

序章 主張すべき姿勢とは
第1章 昭和前期の領土空間とその崩壊
第2章 近代日本の領土拡充史
第3章 「歴史」と「政治」の北方四島
第4章 条約と現実の竹島問題
第5章 資源と外交の焦点・尖閣諸島
終章 次代に託されている論点

著者紹介

保阪正康[ホサカマサヤス]
1939年北海道生まれ。同志社大学文学部社会学科卒。ノンフィクション作家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。『昭和史講座』など一連の昭和史研究で第52回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)