朝日新書<br> 自然死への道

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
自然死への道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 252p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733771
  • NDC分類 490.15

内容説明

「自然死」になかなかたどり着けないことが現代の姿だとしたら、人は「病」や「老い」とどう添い遂げ、たどり着くのが望ましいのか―。自らカーテルの管をむしり取った作家・吉村昭の壮絶死、緒形拳のがんを受け入れて病を生きる姿から見えてくる「自然死への道」。長寿社会を生きる現代人の新たなキーワードは、老いる・病いる・明け渡す。

目次

第1章 老いる―2006年11月~2007年12月(自然死への道―吉村昭と江藤淳の死から;リハビリという力―多田富雄と鶴見和子;超人間としての“老齢”―吉本隆明のことば ほか)
第2章 病いる―2008年1月~12月(犬家族;聴くということ;緩和医療の転位 ほか)
第3章 明け渡す―2009年1月~2010年5月(明け渡しのレッスン;こころへの侵襲;食は「いのち」 ほか)

著者紹介

米沢慧[ヨネザワケイ]
1942年、島根県生まれ。評論家。大東文化大学環境創造学部非常勤講師。早稲田大学教育学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)