• ポイントキャンペーン

朝日新書
闘う!ウイルス・バスターズ―最先端医学のからの挑戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733764
  • NDC分類 491.77

内容説明

人類の脅威、ウイルスを追いつめるウイルス・バスターズ!世界のトップ研究者たちの闘いとは!?鳥インフルエンザ、SARS(サーズ)、HIV(エイズ)―次々と登場する恐るべき感染症。ナノメートル(100万分の1ミリ)単位の微細な敵に最先端の学者は、日々、大いなる挑戦を続けている!ロベルト・コッホ賞受賞の世界の権威と、気鋭の女性研究者が、闘いのすべてを明かす。

目次

1部 ウイルス研究と政治の影(CIAのバイオテロ対策と「遺伝資産」;新型インフルエンザとの闘い)
2部 ウイルス研究の現場で(敵の正体を探れ―実験室の挑戦;スペイン風邪ウイルスの復元;「微生物の狩人」―フィールド調査と電子顕微鏡;ウイルス学者ってどんな人?)
3部 連続対談 最前線の学者・対策担当者に聞く(境政人さん(農林水産省動物医薬品検査所長)―口蹄疫と闘う!
満屋裕明さん(熊本大学教授)―世界初!エイズ治療薬を開発
大槻公一さん(京都産業大学鳥インフルエンザ研究センター長)―鳥インフルエンザ対策の第一人者)

著者紹介

河岡義裕[カワオカヨシヒロ]
1955年、神戸市生まれ。北海道大学獣医学部卒業。米ウイスコンシン大学獣医学部教授などを経て、東京大学医科学研究所ウイルス感染分野教授、同感染症国際研究センター長。06年、インフルエンザウイルスの研究でロベルト・コッホ賞を受賞

渡辺登喜子[ワタナベトキコ]
2002年、北海道大学大学院獣医学研究科博士課程修了。米ウイスコンシン大学分子ウイルス学研究所・博士研究員などを経て、科学技術振興機構ERATO河岡感染宿主応答ネットワークプロジェクト・グループリーダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)