朝日新書<br> 日本の貴人151家の運命

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
日本の貴人151家の運命

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 259p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733733
  • NDC分類 288.44

内容説明

知っているようで知らない旧公家・宮家の成り立ちから現代までの人間ドラマ。時代に翻弄され、数奇な運命をたどった貴人たち。江戸無血開城の「第三の主役」、映画界の名花、戦時下の国策の悲劇。数々のエピソードから波瀾に満ちた日本の近現代史が見えてくる。

目次

序章 貴人たちは近現代をどう生きたか(日本の貴族・貴人とは;貴人たちの日本史 ほか)
第1章 その後の貴人たち(北白川宮能久親王(一八四七~一八九五)維新に逆らった宮様の不遇の死
東久邇宮稔彦(一八八七~一九九〇)パリから帰国しなかったわけ ほか)
第2章 旧宮家の光と影(閑院宮家―世襲親王家も、時代を経て断絶;有栖川宮家―幕末に維新派皇族として活躍 ほか)
第3章 公家の基礎知識(朝廷と公家の基礎知識;公家文化の現在)
付編 堂上公家一覧(137家)

著者紹介

中山良昭[ナカヤマヨシアキ]
1953年、福岡県生まれ。同志社大学文学部文化史学科卒業。歴史紀行作家。編集者として多くの歴史書を手がけたのち、執筆に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)