朝日新書<br> 大切な人の「こころの病」に気づく―今すぐできる問診票付

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
大切な人の「こころの病」に気づく―今すぐできる問診票付

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733689
  • NDC分類 493.7

内容説明

「こころの病」に苦しむ方やご家族へ。自分たちだけで悩みや不安を抱え込まないで。「こころの医療」のプロにどうか相談してください。「ぼんやりしている」「笑わなくなった」「好物を残すようになった」など、身近なひとの「こころ」のサインを見逃さないための「問診票」を掲載。うつ病や統合失調症など発症リスクの高い10の病気と、精神科病院とメンタルクリニックなどの違いを具体的に説明し、精神看護のプロがあなたの悩みを解消する。

目次

第1章 こころが発するサインに、早く気づいてあげるために
第2章 今すぐできる問診票
第3章 「うつ病」だけじゃない!こころをめぐる病気のいろいろ(ひと目でわかる精神疾患かんたんマップ;疾患別ガイド;こころの病の情報に触れるときに、少し気をつけてほしいこと)
第4章 これだけは知っておいてほしい専門機関のこと(医療機関へ相談する;医療機関以外へ相談する;こころの病の専門家 ほか)
第5章 精神科看護師はあなたのサポーターです

著者紹介

末安民夫[スエヤスタミオ]
看護師、慶應義塾大学看護医療学部准教授。1954年生まれ。東京都立松沢看護専門学校卒。国際医療福祉大学大学院(福祉経営学)修了。1978年から東京都立松沢病院に看護師として12年間勤務。その後、国会議員政策秘書、クリニックの相談部長などを経て、1996年以降は大学教員として精神看護学、コミュニケーション学などを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)