朝日新書<br> 高杉晋作の「革命日記」

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
高杉晋作の「革命日記」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 04時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 345p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733566
  • NDC分類 289.1

内容説明

幕末の長州藩で百姓・町人なども動員して奇兵隊を作り、幕府軍をみごと打ち破る。高杉晋作は、六篇の日記を残している。そこには―江戸への航海記、東国での武者修行の旅、小姓役として若殿様に仕える日々、そして幕府貿易視察団に加わり上海に滞在して目にした欧米列強の力、のちに藩命に反したとして牢に繋がれた波乱と革新の生涯が描かれている。それを現代語でよみがえらせた。

目次

序章 高杉晋作小伝―幕末の青春、二十七年と八カ月
第1章 東帆録―萩から江戸までの航海実習日記
第2章 試撃行日譜―北関東、信州などを歩いた旅日記
第3章 〓御(せつぎょ)日誌―初出仕したエリートの萩での勤務日記
第4章 初番手行日誌―若殿様の側近として江戸での勤務日記
第5章 遊清五録―上海で欧米列強の脅威を痛感した旅日記
第6章 投獄文記―失意の中で内なる自分と向き合う獄中日記

著者紹介

一坂太郎[イチサカタロウ]
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒。萩博物館特別学芸員・山口福祉文化大学特任教授・防府天満宮歴史館顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)