朝日新書<br> 2012年、世界恐慌―ソブリン・リスクの先を読む

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
2012年、世界恐慌―ソブリン・リスクの先を読む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733375
  • NDC分類 333.6

内容説明

世界各地の「マネー爆弾」が炸裂、国債暴落で超インフレが襲来する!?リーマン・ショック後、世界はいったん落ち着きを取り戻した。巨額の政府マネーが銀行救済や景気対策につぎ込まれたからだ。しかし、各国の膨れ上がった財政赤字が今度は大問題に。ドバイ・ショック、ギリシャ問題は入り口にすぎなかった。気鋭の大学教授と現役のメガバンク行員が、世界恐慌へ至る恐怖のシナリオを大胆に描く決定版。

目次

プロローグ 未体験ゾーンへ
第1章 なぜリーマン・ショックは克服できたのか
第2章 世界のマネー爆弾その1―アメリカの闇
第3章 世界のマネー爆弾その2―ヨーロッパの憂鬱
第4章 世界のマネー爆弾その3―日本の能天気
第5章 大恐慌との奇妙な類似
第6章 蓄積されたマグマは破裂する
エピローグ 2012年××月××日―恐慌勃発

著者紹介

相沢幸悦[アイザワコウエツ]
埼玉大学経済学部教授。1950年生まれ、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。1989年から日本証券経済研究所研究員、96年、長崎大学経済学部教授に。2001年から現職

中沢浩志[ナカザワヒロシ]
三井住友銀行企業情報部勤務。1963年生まれ。東京大学工学部卒業後、1985年に三井銀行(現三井住友銀行)に入行、為替ディーリング、外債投資、企業投資部門などを経て、2009年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)