朝日新書<br> 生命保険のウラ側

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
生命保険のウラ側

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時24分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 260p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022733238
  • NDC分類 339.4

内容説明

保険業界のインサイダーが「からくり」を次々に明かす。「保険は会社都合の塊だ!」1世帯当たりの平均年間保険料は52万6千円。「日本人の保険好き」は有名だが、「ほとんどはムダ」。特約満載のパッケージ商品で儲かるのは保険会社だけ、医療保険は費用対効果が全然割に合わない…。すべてをそぎ落とすと、「本当に必要な保険」が見えてくる。ベストセラー『生命保険の罠』の著者が放つ渾身の意欲作。

目次

プロローグ 保険は「定期保険」だけでいい
第1部 保険会社は信用できるか(アカウント型は「会社の都合」の塊;忍び寄る「契約転換」;営業マンの驚くべき生態;なぜ保険料が高いのか)
第2部 保険商品を信じられるか(医療保険はいりません;「がん保険」は高いか安いか;保険で「貯蓄性」は忘れたほうがいい)
第3部 それでは、どうすればよいのか(すでに入っている保険はこうしよう;保険情報への対処法、教えます;「保険のプロ」の加入方法を見習おう)
エピローグ 勉強しないほうが「プロ」に近づける!?

著者紹介

後田亨[ウシロダトオル]
1959年、長崎県生まれ。長崎大学経済学部卒業。アパレルメーカーを経て、日本生命の営業職を約10年間勤める。現在は十数社の保険商品を扱う(株)メディカル保険サービス取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)