朝日新書<br> 「伝わる英語」習得術―理系の巨匠に学ぶ

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
「伝わる英語」習得術―理系の巨匠に学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 278p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732903
  • NDC分類 830.4

内容説明

理系の人々が第一線で活躍するためには、否応なしに世界の共通言語である「英語」を使わざるを得ない。各分野のプロフェッショナルたちは、待ったなしの現場でわたり合うための英語力をどうやって身につけてきたのか。文系の英語の使い手である著者が、その理由に斬りこんでいく。

目次

1 理系の知の巨人たちに聞く(日本人の深層心理と英語(きたやまおさむ(精神科医・作詞家)))
世界の公用語はブロークン・イングリッシュ(小柴昌俊(物理学者))
日本人の脳のつくりと英語の関係(養老孟司(解剖学者))
コミュニケーションのつぼ(日野原重明(医師))
「はじめに英語ありき」ではない(海堂尊(作家・病理医))
こころをつかむ英語(隈研吾(建築家))
2 「伝わる英語」に変えるための勉強法
すぐに使える場面別フレーズ

著者紹介

原賀真紀子[ハラガマキコ]
1969年東京都生まれ。ジャーナリスト、東京工業大学非常勤講師。慶應義塾大学文学部卒、米ノースウェスタン大学ジャーナリズム大学院修了。旧第一勧業銀行勤務、通訳・翻訳などを経て現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

養老孟司、小柴昌俊、日野原重明、きたやまおさむ、隈研吾、海堂尊各氏、理系の知の巨人に英語上達の極意を学ぶ。外国人と英語でわたり合う上で大切なのは「何を伝えたいのかということ」。英語コミュニケーション力向上を目指す人の指針となる一冊!