• ポイントキャンペーン

朝日新書
孫は祖父より1億円損をする―世代会計が示す格差・日本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732712
  • NDC分類 332.107

内容説明

いま3.3人で1人の高齢者を支えているが、2030年ごろには1.8人で1人を支えることになる。世界一の借金をかかえ、このシステムでやっていけないことは明白だ。選挙年齢を引き下げて、政治の決定権を若者に移し、高齢者は低い給付でガマンする、―それが子孫への思いやりではないか。

目次

第1章 「世代会計」で解けるさまざまな問題
第2章 「世代会計」って何だ!
第3章 「世代会計」で見る世代間格差
第4章 老人の、老人による、老人のための政治
第5章 世代間の公平性を確保するために
第6章 「世代会計」と時間、「世代会計」と政府投資

著者紹介

島澤諭[シマサワマナブ]
1970年富山県生まれ。東京大学経済学部卒。経済企画庁(現内閣府)入庁。調査局内国調査第一課、内閣府政策統括官付などを歴任。秋田大学教育文化学部政策科学講座准教授

山下努[ヤマシタツトム]
1963年生まれ。86年に朝日新聞社に入社し、東京本社などで10年余り経済記者。官庁記者クラブのほか、自動車、不動産、金融など民間企業を取材。英字紙記者を経て現在『アエラ』記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

3.3人で1人の高齢者を支える日本。2030年ごろは1.8人で1人に。これでは若者がつぶれる。どうすればよいのか。
高齢パワーは人口も多く選挙にも意欲的に行くので、政治は高齢者へと顔を向けている。それだけ若者には予算配分がされていない。その根拠を客観的に示す「世代会計」。将来世代に莫大な借金を押しつけないため、高齢者の我慢が国の破綻を救うとする警世の書。