朝日新書<br> 農民も土も水も悲惨な中国農業

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
農民も土も水も悲惨な中国農業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732590
  • NDC分類 612.22

内容説明

残留農薬野菜、毒入りギョーザ、メラミン混入粉ミルク―。中国から日本に続々輸入される「汚染食品」。国際事件の背景には、中国農業の崩壊という厳しくも悲惨な現実があった!すなわちそれは、日本人の「食」の崩壊を意味するのだ!日本が飢餓列島から脱する道は、どこにあるのか。

目次

序章 農場から農民が消えていく―中国農業の崩壊が日本を飢餓列島へと導く
第1章 竜頭企業の支配が始まった―農地から追い立てられる農民たち
第2章 土を愛せない農民たち―人糞肥料と農薬、そして貧困
第3章 土も水も死んでいる―人間と農産物を死に至らしめる環境破壊
第4章 中国国家VS.中国農民―石と棍棒を手に立ち上がる農民たち
第5章 中国農業崩壊と日本への波及―食料危機から食料危篤へ
終章 日本人に残された道―農地法改革と「おふくろの味」の復権

著者紹介

高橋五郎[タカハシゴロウ]
1948年新潟県生まれ。愛知大学法経学部卒、千葉大学大学院博士課程修了。愛知大学国際中国学研究センター所長、同大現代中国学部教授。専門は中国農村経済学、国際社会調査学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)