• ポイントキャンペーン

朝日新書
自転車の安全鉄則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 245p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732477
  • NDC分類 685.8

内容説明

クルマから自転車へ―都市交通の新たな主役として、自転車を真に有効活用するために。世界第3位の自転車保有国である日本。しかし同時に、世界第1位の自転車事故大国でもある。年々増える一方の事故を減らすために、今できることは何か。そして、自転車行政はどうあらねばならないか。環境によく、健康にもよい「自転車」の理想的な将来像を示す。

目次

第1章 なぜ今、自転車なのか(本書の前提)
第2章 自転車は車道を走るという「理想論」
第3章 自転車は「左側通行を厳守する」ということ
第4章 矛盾だらけの現実にどう対処すればいいか
第5章 現状としての日本の風景から
第6章 メディアが報じる自転車とその周辺
第7章 「Share the Road」という発想

著者紹介

疋田智[ヒキタサトシ]
1966年宮崎県生まれ。東京大学文学部卒。勤務先である東京・赤坂のテレビ局まで毎日自転車で通う「自転車ツーキニスト」。NPO法人「自転車活用推進研究会」理事、学習院大学生涯学習センター非常勤講師として、都市交通における自転車の活用を提言している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)