朝日新書<br> 怖い腹痛―内視鏡でみる日本人の胃と腸

電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日新書
怖い腹痛―内視鏡でみる日本人の胃と腸

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732286
  • NDC分類 493.4

内容説明

おなかの痛みは、いろんな病気のサイン。軽くみるのは大間違い、早い対応が大正解。おなかの部位ごとに、見過ごしてはならない重大なポイントを集約し、痛みとその場所によって、どんな病気が考えられるか、懇切に説明する。胃腸内視鏡の専門家として蓄積した多数のデータから、日本人の消化器がどうなっているのかを見せる。内視鏡が一番威力を発揮するのは「がん発見」である。がん予防への道筋も描いている。

目次

第1章 消化器の仕組みとはたらき
第2章 はらいたを起こす病気
第3章 腹痛の場所とメカニズム
第4章 腹痛の診断
第5章 ほんとうに怖いはらいた(急性腹症)
第6章 腹痛のさまざまな症状
第7章 高齢者、女性、小児のはらいた
第8章 知っておきたい腹痛の手当て
第9章 がんとはらいた
第10章 大腸がんとはらいた

著者紹介

神保勝一[ジンボショウイチ]
1941年、東京・神田生まれ。日本医科大学卒。国立がんセンターで研修後、73年に東京都江戸川区篠崎町で開業。神保消化器内科医院院長。専攻は消化管疾患診断・治療、消化器がん検診。日本医師会最高優功賞、日本対がん協会賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)