朝日新書
アイヌ語地名で旅する北海道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 259p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022732033
  • NDC分類 291.1
  • Cコード C0281

内容説明

北海道の地名の約8割が、アイヌ語に由来するといわれる。アイヌの人々の言葉から浮かび上がる、狩猟や交易のための通路、その目印、そして地形。自然と調和した暮らしが紡いできた「ことば」の世界を道産子の著者とめぐる、もうひとつの北海道ガイド。

目次

序章 アイヌ語地名の特色
第1章 山のいろいろ
第2章 輝く白雪の山なみ
第3章 岬めぐり
第4章 札幌
終章 アイヌ語の特色

著者紹介

北道邦彦[キタミチクニヒコ]
1935年北海道生まれ。62年茨城大学文理学部卒。埼玉県の県立高等学校教諭を退職後、北海道に戻り、アイヌ文学の研究を始める。97年より4年間、早稲田大学語学教育研究所でアイヌ語講座を受講(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)