• ポイントキャンペーン

朝日新書
石油で読み解く「完敗の太平洋戦争」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731579
  • NDC分類 210.75

内容説明

戦争は、「石油」に始まり、「石油」で決まる。元石油公団理事が、太平洋戦争を俎上に載せ、戦争と石油の関係を、冷徹な眼で分析した。「日本帝国必敗の理由」、ここにあり。

目次

1 迫りくる戦争と石油
2 開戦‐南方占領‐資源確保
3 南方補給路の寸断
4 戦略の破綻
5 払底する石油供給
6 教訓を現在へ

著者紹介

岩間敏[イワマサトシ]
1946年、鳥取県生まれ。早稲田大学法学部卒。日本経済新聞社、トヨタ自販系研究所を経て石油開発公団(のちの石油公団)に入る。ハーバード大学中東研究所客員研究員、石油公団パリ事務所長、計画部長、ロンドン事務所長など歴任。同公団理事ののち、サハリン石油ガス開発常勤監査役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)