朝日新書<br> 2011年7月24日―テレビが突然消える日

電子版価格 ¥779
  • 電書あり

朝日新書
2011年7月24日―テレビが突然消える日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731524
  • NDC分類 699.21
  • Cコード C0236

内容説明

2011年7月24日を境に日本中のアナログテレビが映らなくなる。6500万台のテレビが、ゴミになる。地上波デジタル放送とは、いったい何者なのか。生活にどんな影響があるのか。この一冊で、「地デジ」騒動がわかる。

目次

第1章 テレビがあしたから廃棄物になる
第2章 地上波デジタルを視聴者の視点で考える
第3章 アナログテレビはなぜなくなるのか
第4章 地デジ混乱は日本の特殊事情
第5章 テレビがなくても困らないか
第6章 デジタルテレビには何ができるか
第7章 デジタル化のいま、考えること

著者等紹介

岡村黎明[オカムラレイメイ]
1933年、東京都生まれ。メディアアナリスト。早稲田大学政治経済学部卒、東京大学新聞研究所修了。朝日放送記者、解説委員を経て、立命館大学国際関係学部教授、大東文化大学法学部教授、ハーバード大学客員研究員、総務省放送政策研究会委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

15
テレビの地デジ化を巡る問題について書いたもの。イギリスがモデルケースとして小さな町をまずデジタル化し、リサーチを行っていたとある。日本の場合大震災と重なり、受像機を購入する金銭的な問題なども大きかったと思うが、そのあたりはあまり報道されていなかったような・・・。もっときめ細やかさを求めたいところであった。2014/08/23

Kenichi Uto

2
地デジ狂想曲のときを思い出して読み始めましたが、2007年時点の話なのでいかんせん内容が古い。実際にはケーブルテレビでのデジアナ変換も行われてたいした混乱はおきませんでしたが。最終的には政府がエコポイントで皆を釣りましたね。でもその後の消費の落ち込みが。私はテレビほとんど見ないので今はなくても別に困りません。ワンセグをいろんなものにつけるのをやめてほしい。2016/05/10

みい⇔みさまる@この世の悪であれ

1
☆×4.0…いつの間にか「アナログ」から「デジタル」へと変わってしまった我が家の2階のテレビ、なのでこの問題はあっけなく解決してしまいました。だけれどもこの問題は地方の方、高齢者の人にとっては非常に大きな問題ですよねぇ…デジタル問題についてよりも私はある大問題を起こした某番組についての項に惹かれました。2011/05/07

Naota_t

0
読んでいてこんだけイライラする本もここ最近では珍しい。 この本を上梓するきっかけはどうせ「国が地デジに完全移行することを勝手に決めた。その負担は誰がするのか。国民なめてるやろ!という人がたくさんいそうだから、それっぽいこと書いたら売れそう」ってとこ。 地デジ化のデメリットはテレビ買替えの必要性の1つしかない。 その文句を只管250ページもだらだら書くから読んでいてすごく疲れる。 内容はずっと同じことだし、多少話を多角的に捉えようにも脱線しすぎて、『テレビが突然消える日』に全然関係ない話に脱線し2012/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/515072

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。