朝日新書<br> 決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法

電子版価格 ¥760
  • 電書あり

朝日新書
決算書がスラスラわかる財務3表一体理解法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784022731449
  • NDC分類 336.92
  • Cコード C0234

内容説明

簿記を勉強しなくても会計の仕組みがわかる!ポイントは財務3表の五つの「つながり」。損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)を、具体的な会社の事業活動を通して同時に作り、「つながり」を徹底解説。新会計基準やM&Aの仕組みも、すいすい理解が進む。まったく新しい会計学習法の誕生。

目次

第1章 会計は難しくない(なぜ会計の苦手意識がなくならないのか;六本木ヒルズの「人気講座」 ほか)
第2章 財務3表の構造を知ろう(損益計算書(PL)の「五つの利益」
売上高比の棒グラフを作ろう ほか)
第3章 財務3表一体理解法 基礎編(資本金300万円で会社を設立する;事務用品を現金5万円で購入 ほか)
第4章 決算書を読み解くツボ(収益性を見る財務分析指標の利用法;安定性を見る分析指標の使い方 ほか)
第5章 新会計基準もわかる財務3表一体理解法 発展編(退職給付会計を適用し、「退職給付費用」5万円を計上する;「貸倒引当金」を10万円計上する ほか)

著者等紹介

國貞克則[クニサダカツノリ]
経営コンサルタント。1961年生まれ。83年東北大学工学部卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント輸出、人事、企画などを経て、96年米クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年、ボナ・ヴィータコーポレーションを設立して独立、中小企業を中心に精力的にコンサルティング活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

271
部署的にはあまり関わりないが、会社で飛び交う数字を知る為に読んでみた一冊。中々分かりやすい。2015/11/30

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

66
正直、会計とか財務とかこれまではあまり自分には関係ないと思ってた節はあるけど、企業に勤める者としていつまでもそういうわけにはいかない。最低限PLやBSぐらいはわかるようにならないと話にならない。技術屋上がりの者としては、分かりやすく説明されていて良かった。入門書としては良いと思います。★★★★2012/10/21

桜もち

54
簿記の仕訳を一つも使わず、財務三表がどのようにつながっているか解説しているところがすごい!矢印などで財務三表のつながりが可視化されているから分かりやすい。M&Aや事業再生の場でよく出てくるのに会計上どうなってるのかさっぱり分かってなかったDESの処理も明快に説明されていて気持ちいい。2017/12/24

saga

35
会計制度を理解するには簿記の知識が必要と思っていた。しかし、本書は最低限の簿記の解説のみで、財務3表の数字がどのように連繋しているかを分かりやすく解説する良書だ。もしかしたら、エクセルで簡単に財務3表のファイルが作れるかも知れないな。財務諸表が読めることで株式投資に役立つだろう。そして、マイクロ法人なら、本書の知識だけで会計処理ができるのではないかと思えた。2020/03/07

T2y@

29
業務知識習得のために速読。 判りやすい。という評判に、読後やや焦りもあったが、読んだ方のコメントを眺めて安心感を得る。 それじゃダメなんだけど。。 帳簿・諸表の建てつけは、簿記を習った身からしてもとても理解しやすかった。2016/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552062
  • ご注意事項