朝日文庫
空也上人がいた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 167p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022647412
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

27歳のヘルパーの草介と、彼に淡い恋心を抱く46歳の女性ケアマネの重光さん、そして彼女に不思議な欲望を覚える81歳の吉崎老人。それぞれの秘密が静かな日々の中でふと泡立ち、奇妙な恋が動き出す。彼らの心の痛みに寄り添ってくれる空也上人とは?

著者等紹介

山田太一[ヤマダタイチ]
1934年浅草生まれ。脚本家、作家。早稲田大学教育学部卒業。58年松竹大船撮影所に入社し、助監督として木下恵介に師事。65年に同社退社後、シナリオライターとして独立し、主としてテレビドラマの脚本を執筆。77年「岸辺のアルバム」で脚本家としての地位を確立し、その後「ふぞろいの林檎たち」「日本の面影」など話題作を手掛ける。83年向田邦子賞、85年菊池寛賞受賞。小説家としては、2004年『異人たちとの夏』で山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【文学/日本文学小説】妻を亡くしたひとり暮らしの81歳の男、ずっと独身を通してきた46歳の女性ケアマネジャー、老人介護の仕事をやめたばかりの27歳の僕……。ぬぐえない痛みを抱えた大人たちの間で、風変わりな恋がはじまる──。解説・角田光代。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件