朝日選書<br> 新・カウンセリングの話

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日選書
新・カウンセリングの話

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月22日 12時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022630995
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0311

出版社内容情報

カウンセリングの基本は、カウンセラーと来談者が一対一で対話する関係にあり、話したり聴いたりすることが主な手段となる。その対話のプロセスに潜むより深い意味の発見が、カウンセリングの本来の働きで、その深い意味の発見とは、次の三つの生き方ができるようになることである。「自分とつきあえるようになること」「人の違いを受け入れられるようになること」「ヒューマン・エラーを認め、ゆるせるようになること」。本書は、このような三つの生き方の発見を含めて、カウンセリングという心理的支援の基礎ををわかりやすく伝えることを意図して書かれている。カウンセリングを学びたい、カウンセラーになりたいと考えている人にとって必読の入門書で、カウンセラーとしてだけでなく、臨床心理士の養成や訓練をする立場でカウンセリングにも関わってきた著者だからこそ伝えられる内容が凝縮されている。初版が出た30年以上前から今も愛読されている本で、今回はその第3版。21世紀になって生まれた考えかたや実践方法をはじめ、2018年から国家試験が始まった公認心理師の役割、臨床心理士との違いなど、時代に即した新しい情報も多数追加されている。

内容説明

対話というプロセスを通して、クライエント(来談者)の心理的な問題や悩みへの支援を行うのがカウンセリングだが、さらに生き方の発見の道案内もできるようになってほしいと著者は語る。「自分とつきあえるようになること」「人の違いを受け入れられるようになること」「ヒューマン・エラーを認め、赦せるようになること」。これらの発見も含めて、クライエントに寄り添った支援をするのが専門家であると。そして最終的な課題は、一人として同じではないクライエントを支援するために、自分というカウンセラーをどう育てるかであると。本書では、カウンセラーとして、また指導者として長年カウンセリングに携わってきた著者が、カウンセリングの基礎と新たな動向をまとめて伝える。カウンセリングに興味があり、学びたい人へのわかりやすい導きの書。

目次

序章
第1章 カウンセリングの基礎となる人間観
第2章 カウンセリングの基礎となる心理学理論
第3章 代表的なカウンセリング理論・技法
第4章 カウンセラーの養成・訓練・資格
第5章 心理専門職の職務と倫理

著者等紹介

平木典子[ヒラキノリコ]
1936年中国東北部(旧満州)生まれ。1959年津田塾大学英文学科卒業。1964年ミネソタ大学大学院修了。教育心理学修士。日本女子大学教授、跡見学園女子大学教授などを経て、現在IPI統合的心理療法研究所顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ホシ

22
私、少し前までお酒に溺れてました(恥)。アルコール依存症に片足を突っ込んでましたね。去年、ある事がきっかけでカウンセラーさんに私の飲酒習慣は問題であると指摘され、簡単なカウンセリングを受けながら禁酒に取り組みました。禁酒して8ヶ月。今は誰かが飲酒している場面を見ると恐怖心と吐き気を覚えるくらいにお酒とは距離を置くことができました(←これはこれで問題か、笑)。こんな私が禁酒できて「カウンセリングって凄いな」と思って読んだ次第。私の仕事にも活かせる内容もあって示唆に富む一冊でした。2021/01/23

紫羊

12
周りの評判が良いので読んでみたら、たしかに非常に良い本だった。文章が読みやすく、必要な情報が効率よく盛り込まれている。それでいて気持ちもこもっている。2021/08/15

ボ~

2
概略書とはいえ、最近の動向まで網羅して、とても分かりやすく書かれていてよかった。2021/02/28

Hachi_bee

2
薄い本に濃い内容が詰め込まれていました。 第3章を読み、行動療法、認知行動療法などを勉強してみたいと思った。 2020/10/04

Go Extreme

1
高度心理専門職 カウンセリング:プロセスに潜む、より深い意味の発見 人間観 x理論・Y理論 人間信頼論の経営 生涯の生き方→キャリア・カウンセリング 真の人間理解 ポストモダンの立楊 倫理的態疫・姿勢・構えを意識 何と言っているか<何を言おうとしているか 共感的理解 メタ・コミュニケーション ゲシュタルト 違≠問違い」 理解・80% 支援・20% ケースワーク 尊重・受容・配慮 ザックバランな人=ジェニュイン 相手の内側から相手をとらえる 系統的脱感作(法) システミック・アプローチ ドミナト・ストーリー2020/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16286526

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。