朝日選書<br> 志賀直哉、映画に行く―エジソンから小津安二郎まで見た男

個数:
  • ポイントキャンペーン

朝日選書
志賀直哉、映画に行く―エジソンから小津安二郎まで見た男

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 485,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022630292
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0374

出版社内容情報

【芸術生活/演劇映画】文豪・志賀直哉は希代の映画好きだった。日本に初めて入ってきたエジソンの活動写真から、石原裕次郎の映画まで、志賀の見た映画を日記や新聞の記述から丹念にたどる。文学者の視点から邦画・洋画を横断した、65年にわたる映画史を描くという画期的試み。

内容説明

生涯、映画館に通い続けた文学者・志賀直哉、知られざる70年の映画体験。ひとりの文学者の視点から洋画・邦画を縦断し、きわめて個人的な「観客の映画史」を描く、かつてない試み。

目次

第1部 活動写真の時代(志賀直哉の日記;エジソンの映画と神田錦輝舘;團菊の「紅葉狩」;日露戦争活動写真;浅草電気館 ほか)
第2部 映画三昧の時代(サイレント映画からトーキー映画へ;ディートリッヒを愛す;二度目は面白かった「赤西蛎太」;座談会へようこそ;二人の邦画女優 ほか)

著者等紹介

貴田庄[キダショウ]
1947年、青森県弘前市生まれ。著述家(専門は映画、書物史、美術、文学)。早稲田大学大学院修士課程修了、芸術学専攻。1977‐1981年パリ留学。装飾美術書物中央校装丁科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱宬

2
日本に映画が入って来てから、晩年まで映画を見続けた文豪 志賀直哉。彼の日記や文献を元に見た映画を追うことで日本における映画史を紐解く。 サイレントからトーキーへの変遷や、志賀のお気に入り女優、志賀を慕う名監督 小津安次郎との交友など映画好きなら読んどいて損はない。 個人的には様々な目新しい映画技術が登場しては淘汰されていく様が、最近の4DXなどの技術に重なる気がした。2015/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9296161

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。