朝日文庫<br> 週末台湾でちょっと一息

個数:
電子版価格 ¥496
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日文庫
週末台湾でちょっと一息

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年12月11日 05時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022617729
  • NDC分類 292.24
  • Cコード C0126

内容説明

夜市のライスカレー、サイクリング、ガジュマル、哀愁の北回帰線駅、…そしてやっぱりビール。ゆるくて深くて日本よりも懐かしい、至福の休日。

目次

第1章 空港バスが淡水河を越えるとき
第2章 台湾式連れ込み安宿に流れ着いた
第3章 ご飯とスープを勝手によそって、台湾にきたな…と思う
第4章 自転車で淡水往復五十キロの表道と裏道
第5章 夜市の蟻地獄テーブルに座って、赤肉〓(か)哩飯を逃す
第6章 濃密な自然のエネルギーを腕の痒みで知らされる
第7章 独立派の根城のビールが教えてくれる“政治の時代”
第8章 北回帰線から鹿港へ。清の時代の街並みのなかで悩む
第9章 台湾在住者が提案する週末台湾

著者等紹介

下川裕治[シモカワユウジ]
1954年長野県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、新聞社勤務を経て独立。90年、『12万円で世界を歩く』でデビュー。以後、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている

阿部稔哉[アベトシヤ]
1965年岩手県生まれ。フォトグラファー。東京綜合写真専門学校卒業後、「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【地理/旅行】地元の料理店でご飯とスープを自分でよそって「ああ、台湾だ」と実感。自転車50キロコースに挑み、その後はやっぱりビール。夜市の屋台では黄色いカレーをほおばる。日本じゃないのに懐かしい、それでいて開放感あふれる下川ワールドの週末台湾。