朝日文庫<br> 世界名画の旅〈3〉イタリア編

朝日文庫
世界名画の旅〈3〉イタリア編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784022605481
  • NDC分類 723
  • Cコード C0171

内容説明

朝日新聞記者が訪ね歩く名画をめぐる物語。破戒僧フィリッポの恋、「最後の晩餐」の大手術、「ビーナスの誕生」の図像学。

目次

豹の墓―エトルリア壁画
ディオニソス秘儀図―ボンベイ壁画
東方三博士の礼拝―ジオット
東方三賢王の礼拝―ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ
聖母子と天使―フィリッポ・リッピ
狩り―ウッチェルロ
ウルビーノ公―ピエロ・デルラ・フランチェスカ
春―ボッティチェルリ
ビーナスの誕生―ボッティチェルリ
最後の晩餐―レオナルド・ダ・ビンチ
1498年の自画像―デューラー
嵐―ジョルジョーネ〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NY

9
名画や画家自身に関する謎を、現地取材を通じて解き明かしていくというスタイルで、専門家はいざ知らず、一般読者にとっては情報量は十分。読み応えは抜群です。三十数年前の新聞連載ながら、内容、特に取材の「視点」に古臭さは全くと言っていいほど感じられません。写真も非常に綺麗です。腕利きの記者が書いたということもあるでしょうが、企画全体に相当な時間と予算が充てられたのでしょう。自分も取材の後を辿って、久々にイタリアに行きたくなりました。2019/12/28

みか

8
表紙絵はボッティチェリの「春」。エトルリア、ポンペイの古代美術から、ルネッサンス、20世紀シュールレアリスムまでイタリアの美術史を概観できる構成。特にボッティチェリの紹介が充実しており、「春」「ヴィーナスの誕生」と2作品を取り上げています。海から生まれたヴィーナスを題材とした絵は数多いそうで、ティツィアーノの作品と比較されています。本書はイタリア編ですが、なぜかイギリスのターナーの「金枝」(フレイザーの『金枝篇』の挿絵)も紹介されています。高階秀爾「漱石とターナー」というコラムは面白かったです。2008/05/04

ひろ

2
人間主義で知られるルネッサンス時代を代表するボッティチェリの名画「ヴィーナスの誕生」が、わずか10年ほど前に描かれた宗教画であるベロッキオの「キリストの洗礼」の構図を参考にしていることは全く新しい視点だった。 他にも近代画であるデ・キリコを取り上げたり、数百年前に描かれた名画が現代の地元でどう受容されているか、現地を自分の眼で見て足で歩いた鋭い観察が光る名著だと思う。2020/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/213412

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。