朝日文庫<br> 算私語録〈その2〉

朝日文庫
算私語録〈その2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 257p
  • 商品コード 9784022604170
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

国際的絵本作家が自らの奇想、珍想を綴ったユニークなミニ=エッセイ。話題は日常の出来事から、科学・芸術の世界、社会問題までとめどもなく広がっている。エッシャーばりの不思議な絵、集合やトポロジーの数学的絵本など多彩な世界を持つ著者の着想の秘密が随所に盛られた「アンノ的発想の全百科」。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

52
古書からの引用がおもしろい。昔もその時代から一歩進んだユニークな発想をしていた人はいたのだ。しかし何と言っても箴言として読める短章こそが、「算私語録」の特長だろう。安野さん独特の、心のどこかにひっかかる発想がいい。タイトルに偽りなく、数学がからんでいるから、世界を数学として分析できるような気になる。それが図形的になるときこそ、美術と結びつく。2019/02/12

bammbi

1
何度読み返しても、どこから読んでも本当に面白い。2014/12/03

hazama

1
時刻表トリックぽいクイズや、法律の抜け穴などミステリ系話題は、個人的に熱いなぁ。又、南方熊楠の著作が再た読みたくなった。2011/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/69980

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。