朝日文庫<br> 日本人の顔 - 対談集

個数:

朝日文庫
日本人の顔 - 対談集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 11時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022602732
  • NDC分類 389.1
  • Cコード C0136

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aponchan

15
司馬遼太郎氏関連書籍を継続して読んでいるうちの一冊。対談集を立て続けに読んでいると、同じような話が繰り返し出てくるので、一度では理解できなかった内容も徐々にわかるようになってきた気がする。自分の日本人観が学校の教科書的な理解にとどまっていたことを知り、読み重ねることでもっと早く読んでいればよかったと毎冊感じる。次は司馬氏の歴史小説に戻ってみようとも思っている。2019/07/31

剛腕伝説

13
40年近く前の1980年刊行の司馬遼太郎の対談集。表題でもある梅竿忠生氏との対談「日本人の顔」が面白かった。幕末写真を好んで撮ったのは奔走家に多く、郷士百姓と言われる身分の人物で、厳つく、物凄い顔をしているものが多かった。綺麗な顔をした上層武士とはおのずと違ったいた、という一説には妙に納得させられた。長州型は北方の貴公子の顔で、薩摩型は石臼のような醜男顔であるとした外国人がいたが、長州にも、伊藤博文や井上馨の様なミットもない顔の者もいれば、薩摩にも大久保の様な高貴な顔もあるとしている。面白い。2019/09/24

時代

13
司馬さんと八人の対談集。ちょっと難しかったな。約40年前に今現在問題になっている事柄を既に危惧し憂いている。この国は日本人は大丈夫なのか△2019/06/12

あらあらら

6
司馬さんの晩年は小説を書かなくなって随筆や対談ばかりだった。本書では今は当たり前のようなことがいつからなされるようになったかがわかって面白い2020/01/07

さきん

6
話題は古いがさまざまな事件や問題に関する司馬氏の見方がわかる。日本人の顔つきがいろいろ違うことは私も感じている。 2015/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/474949

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。