ルポ・精神病棟

ルポ・精神病棟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 241p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784022602442
  • NDC分類 916
  • Cコード C0136

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aster

43
狂ってると決め付けられた人間は至極真面目に振舞っても、気さくに振舞っても、気を引く為にそういう振りをしてるだけで実は狂ってるに違いないと思われてしまう。数十年前の本だが、今日の精神的な病気の人間に対する偏見は、より浅く、より無意識になってしまっていてむしろ今の方が改善の余地がないように思える。精神病院関連の告発本が今尚出ているところを見るとそう思わずにはいられない。2019/11/26

小波

21
こんな時代があったんだなあと…恐ろしくなりながらも…現代においても精神医療のその不透明さは依然として残っているのかもしれないとさらに恐ろしくなる。社会の差別意識や偏見なども未だに払拭し切れたとは言い難く、私たち一人ひとりの意識変革も必要なのだと思う。2021/05/26

gtn

16
昭和45年2月、精神病院の実態を知るため、アルコール中毒患者と偽り入院する著者。3週間入院する計画が12日目に音を上げる。妻の助力で、退院という名の脱出に成功する。今はどうか知らないが、当時は刑務所より劣悪な環境であった。犯罪者より精神病者の方が下に見られていたためだろう。また、精神病院も商売なので、患者を商い物として家畜のように扱われた面もある。いや、少なくとも家畜は薬漬けにされたり、リンチで甚振られ、殺されたりしない。2019/05/01

ステビア

14
精神衛生法時代の入院医療で何が行われていたかを告発する。2017/03/11

Wisteria

10
あれ!?刑務所の話じゃないよねって何度も思った。アル中のフリして飛び込んだ精神病棟のチャレンジャーなルポ。患者が運営回してるくだりに笑っちゃイカンが笑った。今はどうなんでしょうねぇ。2018/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503369

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。