朝日選書
21世紀の中国 政治・社会篇―共産党独裁を揺るがす格差と矛盾の構造

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022599957
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C0331

出版社内容情報

急激な経済成長と軍備の拡張を背景に、国際社会での存在感を増す中国。尖閣諸島問題をはじめ近隣諸国との衝突も多発している。2012年に新体制となった中国で、いま、何が変わろうとしているのか。共産党・政府・軍の三位一体の内実、習近平体制の裏の権力闘争、中国モデル論、民主化、民族問題、インターネット世論などをキーワードに、隣人として知っておかなければならない中国の実情を読み解く。

内容説明

本書は中国の政治体制のメカニズムを明らかにするとともに、党内の政策対立や権力闘争、腐敗、党を揺るがすネット世論や市民デモ、社会の多元化、群体性事件、民族問題など、中国が抱える諸問題に鋭く切り込む。

目次

第1章 新チャイナ・セブンのスタート
第2章 高度成長を支える超安定型メカニズム
第3章 共産党の大変身―エリートの党へ
第4章 社会の不協和音
第5章 上からの民主化か、下からの民主化か
第6章 五億の網民と官の攻防
第7章 動揺する社会
第8章 腐敗―共産党独裁の裏側

著者等紹介

毛里和子[モウリカズコ]
早稲田大学名誉教授(政治学博士)。お茶の水女子大学卒業後、東京都立大学大学院人文科学研究科を修了。日本国際問題研究所研究員、静岡県立大学教授、横浜市立大学教授、早稲田大学政治経済学部教授を経て、2010年3月に退職。2010年福岡アジア文化賞、国際中国学研究賞を受賞、2011年文化功労者

加藤千洋[カトウチヒロ]
1947年生まれ。同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。東京外国語大学卒業後、朝日新聞社に入社。北京特派員、アジア総局長(バンコク)、中国総局長(北京)、外報部長、論説委員、編集委員などを経て2010年から現職。2004年から2008年まで「報道ステーション」(テレビ朝日系)コメンテーター。一連の中国報道により1999年度ボーン上田記念国際記者賞を受賞

美根慶樹[ミネヨシキ]
1943年生まれ。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。東京大学法学部卒業後、外務省入省。ハーバード大学にて修士号(地域研究)。1972年、日中国交正常化交渉に参加。在中国大使館参事官(政治部長)、内閣審議官、防衛庁での国際担当参事官、在ユーゴスラヴィア連邦共和国特命全権大使、地球環境問題担当大使、在軍縮代表部特命全権大使、アフガニスタン支援調整担当大使、日朝国交正常化交渉日本政府代表(ウランバートルで日朝交渉)を歴任。2009年4月に外務省を退官、5月から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

中島直人

2
中国の政治、社会について、人、政治体制、党、社会問題、マスコミ、インターネット等、多様な視点から分析してくれ、分かりやすく知ることが出来る。経済についても読んでみることとしたい。2014/01/11

Taq Asaq

0
 物事のほんの一断面を見たからといって全てを知った気になってはいけない。マクロの視点でまとめたものを見て、「俺は分かっている」と勘違いするのは、実に恥ずかしい。かといって、バックパックを背負ってその土地を歩いたからといって、「俺はリアルを見た」とも言いがたい。所詮は自分なりの物の見方をマクロとミクロの往還の中に、見つけ出すしかない。そんな御託はいいんですがね。こちらはマクロの視点から俯瞰した入門書。参考文献も充実。教科書的な簡潔な記述なので、実際、教科書のように折に触れて見返すことになるでしょう。2013/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5902835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。