• ポイントキャンペーン

朝日選書
「戦争」で読む日米関係100年―日露戦争から対テロ戦争まで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 293,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022599889
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C0320

出版社内容情報

日本が欧米列強に仲間入りした日露戦争から、二つの大戦、朝鮮戦争、冷戦、ベトナム戦争、対テロ戦争……と、日米はさまざまな戦争と向き合ってきた。協調・摩擦・対立・そして深化──日米関係を規定する論理とは何か。直接対峙した戦争や、直接には対峙しなかった戦争において、日米はどのような関係を築いてきたのか。「戦争の歴史」から読み解く本格的な日米関係通史。日米関係の明日を探る。

内容説明

日露戦争、二つの大戦、朝鮮戦争、冷戦、ベトナム戦争、対テロ戦争…日米はさまざまな戦争と向き合ってきた。協調、摩擦、対立、そして深化―日米関係を規定する論理を読み解く。

目次

第1部 戦前の世界―協調・摩擦・衝突(日露戦争の終結―ポーツマス講和会議と日米関係の変容;第一次世界大戦の勃発―日米の対立から暫定的協調へ;第一次世界大戦の終結―シベリア出兵とパリ講和会議;満州事変と日中戦争―原則的対立と「破局」回避の日米関係;日中戦争から日米戦争へ―米英特殊関係と日本)
第2部 冷戦下の世界―米ソ二極時代(朝鮮戦争と日本の安全保障;対中戦略をめぐる日米の相克―中ソ対立を中心に;ベトナム戦争―パックス・アメリカーナの変容と日米関係;第四次中東戦争―石油をめぐる日米の対立と協調)
第3部 冷戦後の世界―単極から「一超多強」へ(湾岸戦争と戦後日本外交の挫折;対テロ戦争と有志連合下の日米同盟―アフガニスタンとイラクをめぐる協力とその限界;戦争をめぐるアメリカ国内政治と日本―経済情勢・党派政治・選挙;「核兵器のない世界」をめぐる日米関係―拡大抑止協議と核リスク低減への取り組み;「新しい戦争」と「人間の安全保障」―アフガニスタン復興支援)

著者等紹介

簑原俊洋[ミノハラトシヒロ]
1971年生まれ。神戸大学大学院法学研究科・教授。カリフォルニア大学デイビス校卒、神戸大学大学院法学研究科博士後期課程修了・博士(政治学)。日本学術振興会特別研究員を経て、1999年より神戸大学法学部助教授、2007年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。