朝日選書<br> 戦う村の民俗を行く

電子版価格 ¥1,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

朝日選書
戦う村の民俗を行く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022599438
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0321

内容説明

戦国の村人は、過酷な要求をする領主に対して、どのような手段で抵抗したのか?村をあげて逃げ出す「逃散」、ひっそりと夜逃げする「駆け落ち」など、したたかな対抗手段をとって生き延びていた。一方、領主は村人をどのように懐柔し、対策に奔走し、支配したのか?支配するものとされるものとの攻防は、智恵の戦いでもあった。しかし秀吉の平和令により戦国の世は、天下統一へと向かう。奥羽の戦国大名たちが味わったその変化と哀しみとは―。「戦国を行く」シリーズの著者が描く第5弾の本書では、板碑や年中行事を読み解き、新しい戦国の民俗誌の世界を展開する。

目次

1 戦う村(村の百姓と戦国大名)
2 奥羽の戦国(中世奥羽の終末;戦国望郷の歌―蘆名滅亡によせて;「奥羽仕置」論の視座―小林清治『奥羽仕置と豊臣政権』『奥羽仕置の構造―破城・刀狩・検地』によせて;連歌をよむ武士たち―上杉連歌壇の人と作品)
3 戦国の民俗(「信仰地域論」の方法―中野豈任『忘れられた霊場―中世心性史の試み』によせて;戦国板碑の世界―中世比企の信仰風景;鎌倉公方の四季―中世民俗誌としての「鎌倉年中行事」から)

著者等紹介

藤木久志[フジキヒサシ]
1933年、新潟県生まれ。新潟大学卒業、東北大学大学院修了。現在、立教大学名誉教授。文学博士。日本中世史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

吃逆堂

0
ときに情緒的な文章だが、中世の人々のいきいきとした様を活写するその論じ方は、十分に人を惹きつけるものではある。2015/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19383

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。