コロナ危機の社会学―感染したのはウイルスか、不安か

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

コロナ危機の社会学―感染したのはウイルスか、不安か

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月17日 01時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022516954
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C0036

出版社内容情報

コロナ禍があぶり出した日本の抱える政治、法律、社会システム等の課題を解き明かす。急拡大する伝染が不安を招き、不安もまたメディアやSNSを通じて伝染した。ポスト・コロナに向け、不安に感染されない社会をつくるための考察の書。

目次

序章 感染の不安/不安の感染(感染症の猛威と「不安」;世界的流行の始まりと「小休止」まで)
第1章 アウトブレイクの経緯(中国からアジア、世界の危機へ―19年12月~20年1月;全国一斉休校、総理が初会見―20年1月31日~;国内感染拡大、パンデミック宣言(20年3月1日~))
第2章 パンデミックに覆われた世界(緊急事態宣言。総動員的自粛へ―20年4月1日~;宣言の解除と新しい生活―20年5月1日~)
第3章 コロナ危機の分析(混迷するメディアと社会意識;「迅速な」初動と「遅れた」WHOの判断?;ダイヤモンド・プリンセス号の混乱と「不評」;新型インフルエンザの忘却と反復;インフォデミックという新しい問題;「耳を傾けすぎる政府」)
第4章 新しい冗長性の時代(突きつけられた、古くて新しい問い;社会に求められる“新しい冗長性”)

著者等紹介

西田亮介[ニシダリョウスケ]
1983年、京都生まれ。専門は社会学。博士(政策・メディア)。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。慶應義塾大学総合政策学部卒業。同大学院政策・メディア研究科修士課程修了。同後期博士課程単位取得退学。同助教(有期・研究奨励2)、独立行政法人中小企業基盤整備機構リサーチャー、立命館大学大学院特別招聘准教授などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。