街場の五輪論

個数:
  • ポイントキャンペーン

街場の五輪論

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月15日 13時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 186p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784022511485
  • NDC分類 780.69
  • Cコード C0095

内容説明

今、ニッポンには夢の力ではなく、現実を直視する力が必要だ。大いに異義あり!WHY?TOKYO 2020。

目次

第1章 二〇二〇年、東京五輪開催―嬉しい人、憂鬱な人
第2章 ニッポン、チャチャチャ 熱狂の変質―国威発揚から商業主義へ
第3章 グローバル化とカネの話―政治的圧力より経済的圧力
第4章 福島への視線―言葉じりから漏れる本音
第5章 消費税も戦争も―求める日本人像はヤンキーか

著者紹介

内田樹[ウチダタツル]
1950年東京都生まれ。武道家。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学文学部名誉教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。多田塾甲南合気会師範

小田嶋隆[オダジマタカシ]
1956年東京都生まれ。コラムニスト。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターへ

平川克美[ヒラカワカツミ]
1950年東京都生まれ。株式会社リナックスカフェ代表取締役。「ラジオデイズ」主宰。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科特任教授。早稲田大学理工学部機械工学科卒業。翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーション設立。代表取締役となる。シリコンバレーのBusinessCaf´e,Inc.の設立に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【文学/その他】東京招致で3兆円の経済効果が喧伝されるが、「被災地はそれどころじゃない」など違和感を感じる人は多い。「汚染水は完全にコントロールされている」といった発言は思考停止そのものではないのか。7年後を見据えつつ今を直視する五輪鼎談。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件