鬼と三日月―山中鹿之介、参る!

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり

鬼と三日月―山中鹿之介、参る!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月21日 05時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022510860
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

尼子家再興を目指す山中鹿之介の前に、お国という謎の少女が現れる。お国は脈がなく心の臓も動かない。鹿之介の少年時代にも瓜二つの少女に会った記憶があるが、すでに十数年も前だ。一方、敵方・毛利家から遣わされた奇怪な忍法を操る鉢屋衆が出現、鹿之介ら尼子残党に襲いかかる。絶体絶命の鹿之介たちを助けたのは風魔の女忍び井筒。井筒は、年を取らぬお国の正体と鉢屋衆の恐るべき目的を語り始めるが…。

著者等紹介

乾緑郎[イヌイロクロウ]
1971年、東京都目黒区に生まれる。東洋鍼灸専門学校卒。十代より演劇を志す。小劇場を中心として活動し、舞台俳優・演出家・脚本家を経て、三十六歳のときに鍼灸師の資格を得る。現在は鍼灸の仕事のかたわら、劇作家として演劇の脚本も手掛けている。2010年8月、『忍び外伝』で第二回朝日時代小説大賞を受賞、同年10月、『完全なる首長竜の日』で第九回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【文学/日本文学小説】尼子家再興を目指す山中鹿之介らの前に、奇怪な忍法を操る蜂屋党が出現する。窮地を救ってくれた風魔の女忍びは、蜂屋党の恐るべき目的を語り始めるが……。超絶の忍法合戦と時空を超えた展開、書き下ろし長編時代エンターテインメント!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件