安全保障としての医療と介護

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022506757
  • NDC分類 498.04
  • Cコード C0095

内容説明

超高齢化社会を目前にして、不安だらけの医療・介護政策から、安心できる将来保障へ転換するには?現場を知る医師が問題点を的確に説明し、具体的改善策を提言する。

目次

医療事件から学ぶこと
医療崩壊への推移
医療現場の悲鳴
人材不足と医療空白地対策
高齢化社会と医療費
医療費抑制政策
医療崩壊の責任
医療の国際比較
医療の無駄
日本の介護危機
医療と介護を救うための具体策
将来に対する責任

著者等紹介

鈴木厚[スズキアツシ]
1953年生まれ。北里大学医学部卒業。同大学大学院修了。医学博士。北里大学病院、川崎市立川崎病院勤務などを経て、2007年より川崎市立井田病院、現在、同病院地域医療部長。専門はリウマチ、膠原病。内科認定専門医、臨床免疫学会評議員、リウマチ学会評議員。北里大学医学部非常勤講師。臨床医として医療の現場に携わりながら、日本の医療体制に対しても広く鋭い視点から執筆活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

seitr

0
お医者の立場からの「医療費もっと上げろよ!」論で、やや見方が一面的なところがあるような気もするけど、最後の「とりあえず診療報酬・介護報酬を10点=11円、12円にしたら!?」というのは、明解でいいかも。財源は、お金刷っちゃえば?2010/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/370235

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。